洋食

立食パーティーのテーブルマナー~知らないと恥をかく心遣い5選~

投稿日:2016年12月2日 更新日:

立食パーティーは簡単に見えますが、ものすごく奥が深いものです。仕事関係や大事な人たちと交流する交流パーティーに伺う際には、必ず確認しておいてほしい5つの心遣いがあります。

立食パーティー

この5つの心遣い(マナー)を知っておかないと大勢の前で恥をかくことになりかねません。きっちりと覚えて帰ってくださいね。

立食パーティーへ伺う前の準備

立食パーティーの一番の目的は食事ではありません。交流です。ここで何が言いたいかというと、お腹を空かせていかないことが立食パーティーでの礼儀だということ。

一色パーティーは会費制であることが多く、「元を取らないと。」といういやしい気持ちをもって参加する方がおられますが、これは参加しているほかの方々に大変失礼な行為です。

パーティー

パーティーは会話や空間、過ごす時間に価値があるものです。料理の損得で考えるべきではありません。

立食パーティーで知らないと恥をかく心遣い5選

立食パーティーや大人数が参加するからと言ってテーブルマナーはおろそかにしてはいけません。テーブルマナーを熟知している人からすれば、NG行為をしている人は非常に目立ってしまいます。

スポンサーリンク

ブッフェ料理は時計回り

ブッフェ料理はオードブル、メインディッシュ、デザートまで流れに沿って順番にとります。テーブルを時計回りに回って2,3種類とるのが基本です。

ブッフェ

ここでのポイントは冷製と温製を同じ皿に取らないように注意しましょう。

取り分けはNG行為!

気を使ってほかの人の分まで取り分けてあげる人がいますが、これはNG行為です。自分の分だけ食べられる量だけ取りましょう。

食べきれるだけ取るのが適量の美しさです。当然、お皿いっぱいにがっつりと盛るのもNGです。

スポンサーリンク

常に右手はあけておく

下記画像のように左手でお皿とグラスを両方持ちます。そうすれば、右手をあけることができますね。

カトラリー

ただし、ずっとお皿を持ったまま話をするのは失礼にあたります。食事の最中に話しかけられたら、いったんお皿やカトラリーはサイドテーブルに置き、グラスだけを胸の高さに持ちましょう。

椅子を独占しない

会場の隅にいすが置かれていたり、テーブルと椅子がいくつか用意されている場合もあります。もちろん全員分の椅子があるわけではないので、疲れたら休む程度に使いましょう。

食べ終えたお皿はサイドテーブルへ

食べ終えたお皿は直接サービスの方に渡してもよいのですが、サイドテーブルに置いておくと片づけてくれます。

ただし、見苦しくないように貝殻などは箸にまとめておきましょう。これも食事七則のエンディング美の法則に通じますね。

テーブルマナー初心者のための食事七則その7「エンディング美の法則」

-洋食

Copyright© テーブルマナーの達人 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.