洋食

洋食のテーブルマナー~美しい肉の食べ方(骨付き肉編)~

投稿日:2016年11月24日 更新日:

骨付き肉は普段はあまりお目にかかることがないかと思います。それだけにどのように食べればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

骨付き肉に関しては「骨と肉の切り分け」が加わっただけで基本的にはステーキと同じなのです。

美しい骨付き肉の食べ方

子羊のロースト、鴨肉のコンフィ,スペアリブなど骨付き肉の種類は多々ありますが、美しく食べるときのポイントはどれも同じです。

骨と肉の切り分け

まずは、骨と肉を切り分けます。骨に沿ってナイフを入れるのがきれいに切り離すコツです。もう一つのコツが骨と肉のギリギリの境目を切るのではなく、少し余裕を持たせて切ると切りやすいです。

骨付き肉

このとき、肉をひっくり返す人がいるのですが、これはNG行為です。ひっくり返さずに切り離しましょう。ひっくり返すのがNGなのは魚と同じ理由ですね。

焼き魚の正しい食べ方は下記の記事で伝授しています。

和食のテーブルマナー~焼き魚の美しい食べ方~

ただ肉を回転させるのはOKです。切りにくければ、肉を回転させても構いません。

スポンサーリンク

一口サイズに切る

骨から切り離した肉はお皿の手前に置き、今度は食べやすいように一口サイズに切っていきます。このとき、ステーキの時と同様に「斜めライン切り」で切っていきましょう。

「斜めライン切り」は肉料理をナイフで切るときに覚えておくべきです。知らない人は下記の記事で確認しておいてください。

洋食のテーブルマナー~美しい肉の食べ方(ビーフステーキ編)~

食べる順序

そして、切り離した肉を一口サイズに切っていく際、左側から順に切って食べましょう。ステーキの時と同様に最初からすべて切ってしまわずに、食べるごとに切るようにしましょう。

せっかくのおいしい肉汁が逃げてしまう上に、お皿も汚れてしまいます。

スポンサーリンク

切り離せなかった肉

骨から切り離せなかった肉が残ります。これは最後にナプキンで骨を持ち、残った肉をいただきます。もちろんしゃぶるように食べるのではなく、残った肉を適度にかみ切るようにしましょう。

スペアリブ

最後に油の付いた指をフィンガーボウルやナプキンできれいにしましょう。

スポンサーリンク

フィンガーボウルの使い方

西洋料理では手を使って食べてもよいとされる料理ではフィンガーボウルが出てきます。これは覚えてしまえば、簡単に使いこなすことができるようになります。

フィンガーボウル

手順としては以下の通り。

1.全て食べ終わってから使う

2.片方ずつ水の中で指先をこすり合わせて洗う

3.洗った後の水気はナプキンなどでふき取る

この手順でスマートに指を洗いましょう。

赤身と脂身の食べ方

最後に少し細かいことになるので、割愛してしまってもいいのですが、念のため、話しておきたいことがあります。赤身と脂身はできるだけ交互に食べましょう。

さっぱりとした赤身の後にジューシーな脂身を食べるのが最もおいしいいただき方だといわれているからです。

-洋食

Copyright© テーブルマナーの達人 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.