和食

和食のテーブルマナー~美しい丼ものの食べ方~

投稿日:2016年11月15日 更新日:

手軽に食べられるイメージからファーストフードのようにとらえられがちですが、丼ものはれっきとした和食です。

がつがつ食べるのではなく、丁寧に食べることを心がけたいですね。

丼ものの美しい食べ方

丼もののマナーなんてあるのかと思う人が多いかもしれませんが、いくつかあるポイントを押さえておくことで美しい丼ものの食べ方ができるようになります。

器を持ち上げるかどうか

丼ものの多くは重量があります。丼を持てれば持って食べることが基本ですが、持つと不安定になってしまう場合は置いたまま食べても構いません。

ローストビーフ丼

持ち上げない場合は、左手を軽く器に添えると美しく見えます。

盛り付けを崩さないコツ

盛り付けを崩さないように食べるには、一口分をお箸でとり、左手前から食べていくことが基本です。ごはんと具とを一緒に、または交互に食べ、最後はご飯も具も一緒に食べ終わるように調節しながら食べましょう。

これは絶景キープの法則にも通じます。テーブルマナーの世界では盛り付けを崩さずに食べていくことが基本です。

天ぷら

下記の記事でお造り、天ぷら、肉料理の盛り付けを崩さずに食べる方法を伝授しているので、ついでに見ておくといいですね。

テーブルマナー初心者のための食事七則その6「絶景キープの法則」

種類別・丼ものの美しい食べ方

丼ものの種類によって抑えておいてほしいポイントがいくつかあるので、それぞれ紹介しておきますね。

スポンサーリンク

牛丼

とり損なった肉片や汁などで丼の中が汚れてしまいがちな牛丼はご飯を少量残しておいて残った肉片や汁と絡ませて食べきるときれいに食べきることができます。

牛丼

天丼

エビやキス、イカなどの天ぷらは基本的にかじってもよいとされています。ただ、歯形の付いた面は自分側に向けておくようにしましょう。

天丼

またかき揚げは食べ始めると口の周りに油がつきやすいので、具と具の隙間にお箸を入れて切って食べましょう。

親子丼

親子丼には煮汁があり、汁が垂れたりするので、具と汁をご飯に浸透させるようにお箸でなじませてから口に運びましょう。

親子丼

スプーンが出てくることもありますが、和食なのでお箸で食べるのが理想です。

スポンサーリンク

器に口をつけてもいいご飯ものとつけてはいけないご飯もの

器に口をつけていいご飯ものとつけてはいけないご飯ものがあります。器に口をつけていいご飯ものは以下の通り。

・お茶漬け

・卵かけごはん

・とろろごはん

・ぞうすい

器に口をつけてはいけないご飯ものは以下の通りです。

・白ご飯

・丼もの

・カレーライス

・チャーハン

・ビビンバ

この違いを知っていなければ、大変無作法な振る舞いをしてしまうことになるので、覚えておきましょう。

次に読むべき記事はこちら。

和食のテーブルマナー~美しい白ご飯の食べ方~

-和食

Copyright© テーブルマナーの達人 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.