飲み物

飲み物のテーブルマナー~美しい水の飲み方~

投稿日:2016年11月13日 更新日:

飲み物にも当然、美しい飲み方とそうでない飲み方があります。水の飲み方ひとつでマナーを学んでいる人かそうでない人かはわかってしまいます。

というわけで、今回は飲み物のテーブルマナー~美しい水の飲み方~について伝授していきますね。

美しい飲み方の絶対条件

レストランを訪れて最初に口にするものは水やお茶、もしくはコーヒー、紅茶、お酒などの飲み物です。つまり、食べ方の第一印象は飲み方で左右されるのです。

水の飲み方

そんな飲み物の飲み方において、どんな飲み物を飲むときであっても、「これだけは守ってほしい」という共通した大原則があります。

あごを上げない

飲み物のマナーにおける共通した大原則は「あごを上げない」ということです。これは食事七則の「フェイス・トゥ・フェイスの法則」に反する動きなのです。

飲むときはあごではなく、グラスやカップを傾ける。これで十分OKなのです。

スポンサーリンク

自分の印象を演出する方法

飲み物を飲む動作はあごの角度一つで自分の印象を演出できるのです。例えば、奥ゆかしさを出したければ、顎を引き気味にします。

場慣れした堂々たる雰囲気を出したければ、最後にクッとあごを少しだけ上げて飲み切りましょう。

練習方法

鏡の前で練習すれば、その違いに愕然とするはずです。最初にあごを上げた飲み方で飲んだ自分を確認してからカップだけを傾ける飲み方で飲んでみてください。

美女

驚くほど美しさが違いますから。

美しい水の飲み方

水の飲み方ひとつとっても気を遣うべきポイントはいくつかあります。水の飲み方ひとつで同席者やお店の人から見た印象が大きく変わってしまうので、チェックしておきましょう。

グラスをとり方

グラスをとりに行くときに、わきがしまっているだけで、美しい腕のフォルムを作ることができます。手首も自然にきゅっと反るので上品に見えますね。

スポンサーリンク

グラスの持ち方

グラスは指を開いてがっしり持つと粗野な印象を与えてしまいます。なので、親指を除く4本の指をできるだけそろえて持ちましょう。

飲み方のマナー

たったこれだけの差ですが、グラスを丁寧に扱っている印象を与えることができるのです。また、指を閉じることで指が長く見える効果もあるのです。

グラスを持つ位置

グラスを持つ位置も重要で、グラスのできるだけ下を持つようにすると安定して見えます。グラスの下から3分の1のところを持ちましょう。

ワイングラスの持ち方

ワイングラスのような脚つきグラスで水が出されることもありますよね。世界ではボウルの下部分を包み込むように持つことが多いですが、さまざまです。

日本の場合はグラスの脚(ステム)をもって飲むのを美しいとする風潮があります。これは好きな方を選ぶといいでしょう。

ワイングラスの持ち方

ステムを持つ場合は親指、人差し指、中指の3本で軽くつまむようにしてほかの指は軽く添える程度に持ちましょう。

ワイングラス

-飲み物

Copyright© テーブルマナーの達人 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.